生活習慣病の種類

生活習慣病は今とても日本人に多いといわれていますが、1つの病気だけではありません。生活習慣病には種類が色々とあります。ここでは生活習慣病の種類について紹介したいと思います。生活習慣病というのは、生活習慣が乱れていることで起きる病気の総称です。ですから病気の名前ではなくて、数ある病気をまとめて生活習慣病と呼んでいるのです。生活習慣病というのは生活習慣が原因で起きているのですが、種類は色々とあります。

 

まず、糖尿病も生活習慣病の種類の一つです。血液の中の血糖値と呼ばれる数値が、上がって、尿に糖が下りるのが特徴です。カロリーの高い食生活や運動不足が原因で起きる種類の生活習慣病です。

 

そして高脂血症というのも生活習慣病の種類の一つで、こちらもコレステロールや中性脂肪の高い食事を続けていることで起きる病気です。高血圧も生活習慣病の種類の一つです。血圧が高くなる病気ですが、遺伝のケースもありますが、毎日の食生活などが原因で起きる生活習慣病でもあります。

 

そして最近よく言われているのがメタボリックシンドローム。こちらは、脂肪が多い食事を多く摂取していることや、運動不足が原因の生活習慣病です。三大成人病と依然呼ばれていた、ガン、脳卒中、動脈硬化なども生活習慣病です。このように、生活習慣病の種類はとても数多く、それぞれ症状も違っていますし、原因になることなども違っていますから、生活習慣病の種類と原因を覚えておきましょう。