肩こりの原因

肩こりの原因

肩こり解消するためにまずどうしますか?おそらく自分で揉んだり、叩いたりすると思います。この行動は誰に教わったものでもなく、たぶん揉んだり、叩いたりすると気持ちいいからやっているのだと思います。しかしこの揉んだり、叩いたりする行動には、きちんとした意味があります。

 

肩こりの原因はいわゆる血行不良です。肩周りの筋肉の血行が悪くなったために、肩周りの筋肉を使いすぎたことによって出てきたブラジキニンと呼ばれる発痛物質を流せなくなります。この流せなくなったブラジキニンは、肩周りの筋肉にとどまってしまうため、その場に炎症を起こしてしまいます。これが肩の痛みやコリの原因となります。

 

肩こり解消は簡単に言ってしまうと、血行不足によってとどまってしまっている発痛物質を流せるようにしていければいいということになります。それが肩を揉んだり、叩いたりといった行動につながってくるのです。発痛物質がとどまらないように、なるべくこまめに揉んだり、叩いたりすることが肩こり解消のポイントです。

 

肩こり解消がなぜ難しいかというと、早めの対応が出来ていないためであると思います。誰しも何らかの肩のだるさや重さを感じていると思います。その時点で肩のケアをしていれば良かったのですが、忙しさもあり難しいのでしょう、そのままにしておく人が多いです。そのため肩こり解消が難しくなるのです。

関連ページ

肩こりは国民病